MENU

卵管が詰まると妊娠できない?通水テスト|横浜不妊鍼灸

不妊治療で行う検査の中に、卵管の通水テストというものがあります。この検査では、卵管の通りを調べて、不妊となっている原因が卵管にないかどうか調べる検査です。この検査について詳しくみていきましょう。

卵管がしっかり通っているのかどうか? 

卵管の通水テストは卵管に生理食塩水をゆっくり注入し、卵管の通りを調べる検査ですが、似たような検査に卵管造影検査という検査があります。

 

通水テストは、子宮口からカテーテルによって卵管に生理食塩水を通す検査ですが、造影検査は、造影剤を子宮口から子宮腔に注入し、造影剤が子宮から卵管を通って腹腔内に流れる様子をレントゲンによって診る検査です。

 

卵管内に注水することは同じですが、目的は少し違います。また、通水テストより、卵管造影検査の方は2倍ほど費用がかかります。卵管造影検査は、造影剤によって子宮内の状況や、卵管の状況、卵巣の状況が造営されるので、子宮や卵巣、卵管に問題があるかどうかを見つけるために役立ちます。

 

例えば、子宮から卵巣まで造影剤がたどり着く時間が左右さあることや、卵巣まで造影剤がたどり着かなかった場合、卵管が詰まっていることが考えられます。

 

また、子宮の筋腫や奇形などの問題も発見できることもあります。そのため、不妊となっている原因を色々な面からチェックできるのです。

 

卵管が詰まってると、受精する確率が下がってしまう

 

卵管の通水テストは、卵管の通りのみをチェックする検査ですが、この卵管を通水することで、卵管の詰まりが取れる可能性があります。この通水テストは、卵管の通りを診るだけではなく、腹腔内の手術後、妊娠を希望する場合、卵管の癒着を予防するために定期的に行われる場合もあります。

 

卵管内は、受精卵を子宮内へスムーズに運ぶための絨毛があります。これは卵巣の方向から子宮に向けて生えているので、卵子を精子に届けて、受精卵を子宮へ届ける役割があります。

 

しかし、毎月の生理の時にスムーズに経血が排出されないことによって経血が子宮内から卵管へ逆流し、子宮内膜が卵管の絨毛に引っかかり詰まってしまうことがあります。また、何かしらの理由によって、卵管が狭窄してしまうこともあります。

 

この場合、排卵がきちんとあっても、卵子や精子が卵管を通ることができず、受精できないことで、妊娠ができなくなります。卵管は、卵子と精子が出会う大切な場所なのです。

 

卵管通水や造影検査のあとは受精率・妊娠率が上がる

 

卵管の通水(造影検査)によって、卵管の通りが良くなれば、卵子と精子が出会い、授精できる可能性が上がります。この通水によって卵管の通りが良くなっている期間は3〜6ヶ月とされています。

 

通水を行ってから、きちんと排卵されて、妊娠しやすい時期にタイミングをとることで、妊娠率を上げることができます。逆にいうと、卵管に詰まりがあると、いくら妊娠しやすい時期にタイミングをとっても、妊娠することは難しいのです。

 

妊娠しやすい時期にタイミングを半年くらいとっても妊娠できない場合は、卵管が詰まっている可能性もあります。一度チェックしてもいいでしょう。

 

卵管を通水してから、3〜6ヶ月はゴールデン期間といわれています。この時期に、妊娠しやすい体づくりを行なっていることはとても重要なことになります。

 

排卵されていて、卵管の通りも良く、精子の運動性も良いなら、妊娠には条件が揃っていますが、卵管で受精卵が育ち、子宮へ移動をし、着床できなければ妊娠は成立しません。卵巣や子宮の環境と同様、卵管の絨毛がしっかりと働いているのかどうか?が重要になってきます。

妊娠を大きく左右する卵管の絨毛の動き 

妊娠するために、卵管の通りを良くする、受精卵が子宮内膜にしっかりと着床することが必要になります。そのためには、お腹へ多くの血液を循環させる必要があります。健康的な骨盤環境を作ることができる体を整える必要があるのです。

 

特に、卵管が重要な作用を持っていることは理科していただいたと思います。絨毛の動きが全てです。卵巣から排卵をした卵子をピックアップするのも卵管の絨毛の仕事です。受精する卵管の膨大部へ移動させるのも卵管の絨毛の仕事。受精卵をしっかりと育て、子宮へ送るのも卵管の仕事です。思っている以上に卵管が重要な役割をしているのがお分かりかと思います。

着床には子宮内膜が重要 

子宮内膜が十分な厚さに作られるためには、子宮への血流が良いことが必要です。体を冷やすようなことでは、子宮内へ十分に血液が届かず、受精卵が着床できるくらいのフカフカな内膜にはなりにくくなります。

 

妊娠を希望するなら、体を冷やさないこと、特に下半身を冷やさないことが大切です。最近、下腹部に皮下脂肪がついて、ぽっこりしてきたら、もしかしたら子宮が冷えているかもしれません。

 

女性にとって子宮は生まれ持って、子孫を残すために与えられたものなので、大切な子宮を守るため、妊娠しやすくするために子宮を温めようとして、下腹部に脂肪がつきやすくなるのです。

 

また、生理痛が強いという場合も子宮が冷えているということも考えられます。生理の時に、子宮を収縮させるために経血内に子宮を収縮させる物質が分泌されますが、これが子宮内にとどまることで、痛みが強くなります。そして、排出されない経血は、卵管を逆流してしまう可能性があります。

 

これによって、卵管も詰まってしまうのです。つまり、子宮の冷えは、卵管の詰まりを誘引して、健康な内膜が作れず、妊娠しにくい体としてしまうので、注意が必要なのです。

まとめ

骨盤の中に血液をいかに送ることができるのか?妊娠率を高めるにはこれらが重要になってきます。整体などで骨盤の歪みをとって流れやすくする。鍼灸で血液をお腹に送り込む。下半身の体操やトレーニングで血液を循環させる。これらが重要です。


子宮が冷えないようするために、下半身の薄着は避けること、冷たいものの摂取を控えること、また、腹巻きや布ナプキンはオススメなものです。また、鍼灸での治療は、冷えた子宮を改善するために有効なものでしょう。

 

卵管の通水テストは卵管の詰まりを取ることができるものでもあり、妊娠率を上げることでもあるので、このゴールデン期間をうまく利用することが、妊娠への近道となります。

最新記事

妊活中の果物の取り方|横浜市不妊治療の鍼灸

「果物は身体に良い」というイメージがあると思います。健康のために、毎日必ず果物を食べるように習慣づけているという人も、きっと居ることでしょう。たしかに、果物にはビタミンCやミネラルなど、身体に良い影響を与える栄養素がたくさん含まれています。しかしそ

タンパク質足りてますか?|横浜市不妊治療専門の鍼灸整体院

妊活、ダイエット中の方は要注意! 人間の生命維持に必要な三大栄養素のひとつの「タンパク質」、不足していませんか? 1日3食、栄養バランスのとれた食生活を送っていれば、タンパク質が不足するということはありませんが、「忙しくてコンビニ弁当や外食

不妊治療を始めるタイミングはいつ?|横浜市の鍼灸整体

赤ちゃんを望んで夫婦生活を送っていても、なかなか授からなければ不妊治療を考えることもあるでしょう。でも、なかなか不妊治療について相談できないものですよね。いつから、どんなタイミングで不妊治療へ進んだらいいのか説明していきます。ぜひ参考にしてみてくだ

人気記事

妊娠しやすい食事3つのポイント l 横浜市不妊治療の鍼灸整体

病院やクリニックに通って治療を受けることだけが不妊治療ではありません。 妊娠へ向けてできることは沢山あります。 このブログでは妊娠に向けた食事のポイントをお伝えしていきます。   これを食べることによって確実に妊娠する!というものはありえま

不妊治療を成功させる糖質制限について|横浜市の鍼灸整体

不妊治療において最も重要になってくるのは、 お腹へたくさんの血液を送ることです。 せっかく一生懸命血液を送っているのに、血液がドロドロだと思うように栄養が運ばれません。 本日は不妊治療中に特に注意していただきたい糖質について解説をします。

不妊治療で顕微授精を成功させるコツとは|横浜市の鍼灸整体

こんにちは。不妊治療・妊活の専門家のやまざきです。   本日もブログを読んで頂きありがとうございます。   不妊治療での顕微授精を成功させるコツについてお話をしていきます。 このブログを読むことであなたの妊娠までの時間を短縮することが出来

不妊治療で妊娠率を上げるタイミング法とは|横浜市の鍼灸整体

こんにちは。ネイチャーボディ鍼灸整体院のやまざきです。 今日もブログを見ていただけありがとうございます。   妊娠を考えた時に最もはじめに考えるのが、 排卵時にタイミングを取る、タイミング法です。 今回のブログでは、妊娠率を上げるタイミン

不妊治療での人工授精の考え方|横浜市の鍼灸整体

こんにちは!横浜市の不妊・妊活専門の鍼灸整体院のやまざきです。 ブログをご覧になって頂きありがとうございます。 妊娠を目指して、タイミング法を取り入れて1年、 そろそろ不妊専門クリニックで人工授精を受けようとしている方に向けて、 人工授

関連する記事

「果物は身体に良い」というイメージがあると思います。健康のために、毎日必ず果物を食べるように習慣づけているという人も、きっと居ることでしょう。たしかに、果物にはビタミンCやミネラルなど、身体に良い影響を与える栄養素がたくさん含まれています。しかしそ

横浜市青葉区の不妊・妊活専門の鍼灸整体院のやまざきです。 今日もブログをご覧頂きありがとうございます。   不妊治療において男性に求められることについてお話をしていきます。 このブログを読んで、 今以上にご主人にも協力を得られることが出来

不妊治療は病院で行うもので、治療計画は相談しながら行うものの、治療自体は医師にお任せするようなイメージがあります。 もちろん、治療は医師などの技術で行うものではありますが、ただ受け身になって治療を受けるだけではなく、実は積極的に努力することで、治


最新記事

会社情報

お知らせ

LINE@で妊活情報配信中!!

友だち追加

営業案内

店舗名

ネイチャーボディ鍼灸整体院

住所

〒227-0062 

横浜市青葉区青葉台1-28-4-1F

アクセス

東急田園都市線青葉台駅徒歩6分

電話番号

045-989-3130

営業時間

平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00

定休日日曜・祝日

電話番号

045ー989ー3130


© 2019 横浜市の不妊鍼灸、実績のあるネイチャーボディ鍼灸整体治療院 All rights reserved.